輪島KABULET - 新橋邸(サービス付き高齢者向け住宅)

カテゴリー 福祉施設
所在地 石川県輪島市
延床面積 386.17㎡
工事種別 新築
構造 木造
階数 2階
竣工 2017年10月

輪島KABULETプロジェクトの一つであり、社会福祉法人佛子園が運営するサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)である。
1、2階に3世帯ずつ、計6世帯分の個室と共有スペースからなる建物である。
個室はワンルームを移動間仕切り収納で分節しており、住人の好みに合わせた間取りに変更できるようにしている。
本施設の特徴は就労付きサ高住という点である。通りに面した共有スペースは地域に開放され、コーヒーなどを提供するカフェ機能を備えている。カフェではサ高住の住人が働けるようになっており、カフェを通して地域住民との交流が生まれる仕組みとなっている。
能登には『ヨバレ』という文化があり、祭りのときに親戚や知人、隣人を家へ招き食事でもてなす風習がある。共有スペースと中庭は一体的に利用でき、サ高住の住人が共同で『ヨバレ』を行える設えとしている。
横を流れる河原田川へは大開口をとっており、河口の風景を眺めながら過ごすことができる。夜間はペンダントライトの明かりが外へ漏れ出し、温かみのある川沿いの景観に寄与している。

カテゴリー 福祉施設
所在地 石川県輪島市
延床面積 386.17㎡
工事種別 新築
構造 木造
階層 2階
竣工 2017年10月

輪島KABULETプロジェクトの一つであり、社会福祉法人佛子園が運営するサービス付き高齢者向け住宅(以下、サ高住)である。
1、2階に3世帯ずつ、計6世帯分の個室と共有スペースからなる建物である。
個室はワンルームを移動間仕切り収納で分節しており、住人の好みに合わせた間取りに変更できるようにしている。
本施設の特徴は就労付きサ高住という点である。通りに面した共有スペースは地域に開放され、コーヒーなどを提供するカフェ機能を備えている。カフェではサ高住の住人が働けるようになっており、カフェを通して地域住民との交流が生まれる仕組みとなっている。
能登には『ヨバレ』という文化があり、祭りのときに親戚や知人、隣人を家へ招き食事でもてなす風習がある。共有スペースと中庭は一体的に利用でき、サ高住の住人が共同で『ヨバレ』を行える設えとしている。
横を流れる河原田川へは大開口をとっており、河口の風景を眺めながら過ごすことができる。夜間はペンダントライトの明かりが外へ漏れ出し、温かみのある川沿いの景観に寄与している。

PageTop