輪島KABULET - Cafe KABULET

カテゴリー 福祉施設改修
所在地 石川県輪島市
延床面積 134.09㎡
工事種別 用途変更
構造 木造
階数 2階
竣工 2018年3月

輪島KABULETプロジェクトの一つであり、社会福祉法人佛子園が運営するママカフェである。
拠点施設、ウェルネス、高齢者デイサービスと並んで計画し、メインの通りを形成している。
既存の母屋は昭和34年の建築である。建築年代不明の部分を解体し、現行法規に適合するよう改修した。建物は、この地域特有の木材である能登ヒバをテーマに計画している。地元の材木業者の協力のもと端材や節材を利用し、フローリングから造作家具、階段に至るまで多くが能登ヒバで構成された空間とした。
カフェは調理から片付け、支払いまですべてセルフサービスとなっている。スタッフに使い方を習いながら、キッチンスペースで親子いっしょにピザやオムライスなどを作って食べることができる。プレイルームでは、まだ料理やお手伝いができない年齢の子どもが、同じようにおままごとをして遊べる計画としている。
2階にはボディケア(マッサージ)があり、カフェに来たお母さんが利用しやすい場所に設けているが、オープン後は向かいの高齢者デイの方など様々な人に利用されているようである。
裏庭は、既存の池の石組みを利用して、砂場とじゃぶじゃぶ池を設け、晴れた日には子どもが外でも遊べるように計画している。

カテゴリー 福祉施設改修
所在地 石川県輪島市
延床面積 134.09㎡
工事種別 用途変更
構造 木造
階層 2階
竣工 2018年3月

輪島KABULETプロジェクトの一つであり、社会福祉法人佛子園が運営するママカフェである。
拠点施設、ウェルネス、高齢者デイサービスと並んで計画し、メインの通りを形成している。
既存の母屋は昭和34年の建築である。建築年代不明の部分を解体し、現行法規に適合するよう改修した。建物は、この地域特有の木材である能登ヒバをテーマに計画している。地元の材木業者の協力のもと端材や節材を利用し、フローリングから造作家具、階段に至るまで多くが能登ヒバで構成された空間とした。
カフェは調理から片付け、支払いまですべてセルフサービスとなっている。スタッフに使い方を習いながら、キッチンスペースで親子いっしょにピザやオムライスなどを作って食べることができる。プレイルームでは、まだ料理やお手伝いができない年齢の子どもが、同じようにおままごとをして遊べる計画としている。
2階にはボディケア(マッサージ)があり、カフェに来たお母さんが利用しやすい場所に設けているが、オープン後は向かいの高齢者デイの方など様々な人に利用されているようである。
裏庭は、既存の池の石組みを利用して、砂場とじゃぶじゃぶ池を設け、晴れた日には子どもが外でも遊べるように計画している。

PageTop