金沢工業大学・国際高等専門学校 白山麓キャンパス 学生寮

カテゴリー 教育施設
所在地 石川県白山市
延床面積 6,412.74㎡
工事種別 増築
構造 S造
階数 3階
竣工 2018年3月

国際高等専門学校の学生最大202名が共同生活を行う施設である。男女比率の変動に対応できるよう棟を分散配置とし4棟3階建てで構成している。
多雪地域独特の配慮として3階の屋根からの落雪音が学生たちの睡眠を妨げないよう、マンサード型の屋根を採用した。
学生たちの人間力は寮の共同生活によって、リーダーシップ、コミュニケーション力、団結力、助け合いの精神、思いやりなどを身につけるが、一方で共同生活によるストレスにも配慮し、居室は全て個室としプライバシーを確保している。
寮共同生活の基本単位は6人1ユニットとし、リビングやシャワー、洗面などはユニット単位で備えている。建物は安全、安心、快適に暮らせるよう様々な配慮をしており、各所に設けられた電気錠による入室管理、各ユニット共用リビングと廊下の壁を硝子にすることで視覚的にオープンとし密室を造らない配慮や2m超の積雪によって窓が埋もれない高床式の採用、厳冬期も快適に過ごせるよう高い断熱性能を確保している。
それぞれの棟は白山麓の大自然を違った景色で楽しむことができるよう配置を工夫しており、学生たちの「第二のふるさと」となる記憶に残る学生寮を創り出している。

カテゴリー 教育施設
所在地 石川県白山市
延床面積 6,412.74㎡
工事種別 増築
構造 S造
階層 3階
竣工 2018年3月

国際高等専門学校の学生最大202名が共同生活を行う施設である。男女比率の変動に対応できるよう棟を分散配置とし4棟3階建てで構成している。
多雪地域独特の配慮として3階の屋根からの落雪音が学生たちの睡眠を妨げないよう、マンサード型の屋根を採用した。
学生たちの人間力は寮の共同生活によって、リーダーシップ、コミュニケーション力、団結力、助け合いの精神、思いやりなどを身につけるが、一方で共同生活によるストレスにも配慮し、居室は全て個室としプライバシーを確保している。
寮共同生活の基本単位は6人1ユニットとし、リビングやシャワー、洗面などはユニット単位で備えている。建物は安全、安心、快適に暮らせるよう様々な配慮をしており、各所に設けられた電気錠による入室管理、各ユニット共用リビングと廊下の壁を硝子にすることで視覚的にオープンとし密室を造らない配慮や2m超の積雪によって窓が埋もれない高床式の採用、厳冬期も快適に過ごせるよう高い断熱性能を確保している。
それぞれの棟は白山麓の大自然を違った景色で楽しむことができるよう配置を工夫しており、学生たちの「第二のふるさと」となる記憶に残る学生寮を創り出している。

PageTop