北鉄金沢バス(株) 北部営業所

カテゴリー 事務所・工場
所在地 石川県金沢市
延床面積 730㎡
工事種別 新築
構造 S造
階数 2階
竣工予定 2019年3月

本計画は金沢市内でバス事業を行う北鉄金沢バス(株) 営業所の建替え工事である。
本施設はバスを停留する車両基地としてバスの入出庫を行う場所であるとともに、バスを安全に運行するために乗務員の管理(点呼)・バスの運行管理、車両の点検・整備を行う場所でもある。
敷地は金沢市柳橋町の旧北国街道に面しており、構内には町名由来の柳の木が植えられている。建物正面には縦ルーバーを設け、旧北国街道沿いにかつて数多く存在していた町家の面格子を意識したデザインとしており、環境的にも西日を抑制し快適な室内環境となるよう意図した。外観に関しては、周囲の環境と調和するようシルバーの外壁色としている。
配置計画としては、営業所内からバス車両の運行状況が容易に把握できるようにするため、車両出入口沿いに営業所を配置し、視認性を確保している。また、構内のバス・乗用車・人の動線を分けることで、スムーズで安全な動線計画とした。

カテゴリー 事務所・工場
所在地 石川県金沢市
延床面積 730㎡
工事種別 新築
構造 S造
階層 2階
竣工予定 2019年3月

本計画は金沢市内でバス事業を行う北鉄金沢バス(株) 営業所の建替え工事である。
本施設はバスを停留する車両基地としてバスの入出庫を行う場所であるとともに、バスを安全に運行するために乗務員の管理(点呼)・バスの運行管理、車両の点検・整備を行う場所でもある。
敷地は金沢市柳橋町の旧北国街道に面しており、構内には町名由来の柳の木が植えられている。建物正面には縦ルーバーを設け、旧北国街道沿いにかつて数多く存在していた町家の面格子を意識したデザインとしており、環境的にも西日を抑制し快適な室内環境となるよう意図した。外観に関しては、周囲の環境と調和するようシルバーの外壁色としている。
配置計画としては、営業所内からバス車両の運行状況が容易に把握できるようにするため、車両出入口沿いに営業所を配置し、視認性を確保している。また、構内のバス・乗用車・人の動線を分けることで、スムーズで安全な動線計画とした。

PageTop