金沢市立中央小学校 /金沢市立玉川こども図書館 /金沢市公文書館

カテゴリー 文化施設教育施設
所在地 石川県金沢市
延床面積 1,4031.25㎡
工事種別 新築
構造 (小学校)RC・SRC造、(図書館)RC・S造
階数 (小学校)B1F+4F、(図書館)B1F+3F
竣工予定 2022年3月

歴史を重ねた周辺地域との関係性を重視しつつ、未来を担う子どもたちの新たな「学びの場」を創造する計画である。
 計画地は金沢の中心部に位置し、近くには長町武家屋敷や鞍月用水など藩政期藩政期の街並みが保存されている。また、大正期に建てられた近世史料館(旧金沢専売支局煙草工場)や、金沢市立玉川図書館、玉川公園が隣接する、金沢の歴史と文化の重層した地域である。

建物の外観は、煉瓦造り、瓦屋根の近世史料館との関係に配慮して勾配屋根とし、軒の高さを合わせることで統一感ある街並みを形成する。
またコンクリート躯体や波板、カーテンウォールなど、現代的な外観を基調としつつも、テラコッタルーバーやタイル張りを取り入れることで周辺環境と調和した落ち着きある景観を創出する。

敷地内には玉川公園へつながる遊歩道を計画するとともに、こども図書館には3ケ所の出入口を設ける事で、中央小学校、近世史料館、金沢市立玉川図書館、玉川公園との間に密接な関係を構築する。こうして回遊性ある施設のまとまりが、各々の役割を超えた交流を生みだし、周辺地域が全体として子ども達や市民の新たな学びの場となることを目指す。

カテゴリー 文化施設教育施設
所在地 石川県金沢市
延床面積 1,4031.25㎡
工事種別 新築
構造 (小学校)RC・SRC造、(図書館)RC・S造
階層 (小学校)B1F+4F、(図書館)B1F+3F
竣工予定 2022年3月

歴史を重ねた周辺地域との関係性を重視しつつ、未来を担う子どもたちの新たな「学びの場」を創造する計画である。
 計画地は金沢の中心部に位置し、近くには長町武家屋敷や鞍月用水など藩政期藩政期の街並みが保存されている。また、大正期に建てられた近世史料館(旧金沢専売支局煙草工場)や、金沢市立玉川図書館、玉川公園が隣接する、金沢の歴史と文化の重層した地域である。

建物の外観は、煉瓦造り、瓦屋根の近世史料館との関係に配慮して勾配屋根とし、軒の高さを合わせることで統一感ある街並みを形成する。
またコンクリート躯体や波板、カーテンウォールなど、現代的な外観を基調としつつも、テラコッタルーバーやタイル張りを取り入れることで周辺環境と調和した落ち着きある景観を創出する。

敷地内には玉川公園へつながる遊歩道を計画するとともに、こども図書館には3ケ所の出入口を設ける事で、中央小学校、近世史料館、金沢市立玉川図書館、玉川公園との間に密接な関係を構築する。こうして回遊性ある施設のまとまりが、各々の役割を超えた交流を生みだし、周辺地域が全体として子ども達や市民の新たな学びの場となることを目指す。

PageTop