Principle 企業理念

Principle 企業理念

五井の経営理念

  • わたしたちは「五井建築研究所」の社名が示す通り、建築の研究を通して多様な技術を取得することにより技術に裏付けされた創造性豊かな建築を創り出し、それをもって社会・公共に寄与することを目的としています。
    とくに北陸金沢という地域性を意識した建築創造及び地域活動を通して地域社会に貢献することがわれわれの第一義的な使命であります。
  • われわれは北陸の雄たる設計事務所としての地位を築き、光り輝く存在として全国に発信していきます。
    そのために建築の創作姿勢及び事務所の経営姿勢おいて他から尊敬を受けるべく深い探求性と倫理性を堅持していくよう努めます。
  • 社員にとって五井は生計を立てる職場である同時に建築・社会・地域、そして自らの人生を考える共同体であり修練の場であります。
    五井は社員が自らを磨き人格を形成するに相応しい優れた就労環境を提供し、社員の物心両面における真の豊かさを追求します。
  • 建築は建築主のものであると同時に社会のものであります。
    建築主と社会双方の利益を図ることが私たちの役割であり、われわれの創るものが多くの人々の幸せにつながるよう努めます。

五井の目指す建築

  • 普通であって普通でない建築―われわれは奇をてらうことなく、建築の本質を追究するデザインを目指します。
    ある意味建築は普通であっていい。但しその普通性の中に何か普通ではないものを感じさせる、いわば普通性を極限まで高めたそんな建築を創っていきます!
  • 建築はある意味「科学」でなくてはなりません。
    自分たちの恣意性だけでデザインするのではなく、デザインの意味が深く考えられた建築を創っていきます。
    そのためには敷地の周辺環境を深く読みとり、その場所において建築が果たす役割を設計者としてしっかり認識することが重要であります。
    常に技術的な妥当性を検証し、しっかりと技術に裏付けされた建築を目指します。
  • 建築は空間であり、ものの表層を創ることが建築の本質ではありません。
    空間という単なるハードづくりから空間の中での人々の暮らしをデザインしていくのが設計のプロフェショナルとしての役割であると認識しています。
    そのためには覆われた無の空間をデザインするのではなく、人々が暮らし働くに相応しい、空間における「気」づくりまで昇華させてデザインしていく必要があります。
    その達成は困難極める道ではありますが建築づくりの本質を考え所員一同みんなで鍛錬していきます。
PageTop